「Learning Class Fukuoka|学習する福岡」

「新しい挑戦」を共にはじめよう ~ 福岡の未来に関心を持つ人々によって企画運営され、自律的に学習する意欲の人々に対して開かれた、探求の場(プラットフォーム)です。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/11

【報告】Larning Class Fukuoka ランチ会(12月29日)

年の瀬の迫った12月29日に、お互いの近況報告も兼ねてランチ会を開催しました。

9月17日の勉強会を皮切りに、これまでに3回の勉強会、ブレストミーティング(計5回)、個別の近況報告会等が行われてきました。これと並行する形で、この3か月の間に、それぞれの方々がそれぞれの既存の持ち場や新規の活躍の場をみつけ、新たなチャレンジをされている様子をお伺いしてきて、ぜひ年末の機会に共有する場を持ちたいという希望が多方面からきかれたことを発端に、急遽開催したものです。

当日は足元が悪い中、12名の方々がご参加下さいました。

まず、前半に、国際知識経済都市会議から派生した様々な動きについても、資料と共に現状報告をさせていただきました。

調査チームが中心となり、11月1日に調査研究報告会が開催され、研究報告書が完成し、既に公開されていますので、ご興味のある方はぜひご覧頂けますと幸いです。

また、IRBCの実行委員会は12月初旬の第4回実行委員会にて、事業・決算報告等が行われ、会議体としての産官学協働の取り組みは、無事終了しました。

そして、後半は、今年を振り返りながら、皆さんがそれぞれに取り組んでこられたテーマ、仕事やプライベートの経験を通じて接した事、来年の取り組みに参考になる種が沢山登場し、これらを回覧しながら対話をし、「学習する福岡|LearningClass Fukuoka」や国際知識経済都市会議のその後と連携させながら、お話ししました。

参加の条件として掲げた「宿題」は下記のとおりです。

今年を振り返って、皆さんの頭に浮かぶ、もしくは印象的だった「単語」、「写真」、「イラスト」、「本」のいずれかを2つ程度持参して下さい。「単語」、「写真」、「イラスト」であれば、紙に印刷して持参いただき、「本」であればその本をご持参下さい。いずれも1部のみで結構です。

皆様、素敵な話題提供と実り多き時間をありがとうございました。

そして、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

TS3D0299.jpg TS3D0298.jpg TS3D0297.jpg TS3D0296.jpg TS3D0295.jpg all.jpg TS3D0300.jpg


スポンサーサイト
2010/11/01

【報告】第3回勉強会 ~Tom da Costa氏をお招きして~

10月26日(火)に第3回勉強会を開催しました。

Edanz Group JapanのTom da Costa氏をリソースパーソンとしてお招きし、11名の参加者で有意義なディスカッションを行うことができました。

DSCF2107.jpg DSCF2109.jpg

まず、最初の30分程度は、Tom da Costa氏のプレゼンテーション。

国際知識経済都市会議(IRBC第3回年次会合in福岡)でお話いただいたプレゼンテーションを素材に、福岡からグローバル展開する中小企業の視点にもとづいた話題提供を頂きました。

cover1.jpgcover2.jpg

 tom 1   tom 2


その後、質問や感想を出し合いながら、また、福岡の関連データを紹介しながら実りあるディスカッションを行いました。

data list


テーマ:
・福岡は本当に国際化が必要なの?そもそもなぜ私たちはそのテーマを掘り下げているのか?
・統計から見えない実態を把握することの大切さ
・ビジネスの拠点化に着目した、福岡の魅力、可能性、課題について(特に中小企業の視点から)
・なぜ福岡でビジネスをするのか?
・福岡の充実した都市機能とクオリティーオブライフの関係
・福岡の将来像とビジョンの必要性
・福岡で国際的なビジネス展開を促進するための政策的、文化的基盤、理解を高めることの必要性 


WB 1  WB 2


以上。



2010/10/24

【ご案内】第3回勉強会(10/26)

第3回の勉強会のご案内の準備が整いましたので、お知らせいたします。


過去2回の勉強会の参加者、ブレストミーティング(計3回)、ML登録者の皆様からのご希望をふまえ、
国際知識経済都市会議(IRBC Conference)の内容に踏み込んだ勉強会を10月26日(火)に開催いたします。
ご関心のある方はぜひご参加ください。


なお、リソースパーソンとして、Edanz Group JapanのTom da Costa氏をお呼び致します。
Tom da Costa氏は、IRBC Conference2日目のパネルディスカッションに登壇され、
福岡の現状と将来について具体的な課題提起をされたことが、参加者の間で高く評価されました。


勉強会では、当日のプレゼンテーション素材に、福岡からグローバル展開する中小企業の視点に
もとづいたプレゼンテーションを行い、福岡の関連データを紹介しながら実りあるディスカッションを
行いたいと思います。


日時:2010年10月26日(火) 18:30-20:00

場所:天神明治通り街づくり協議会(MDC)
福岡市中央区天神1-16-1西鉄イン福岡1階 (http://www.n-inn.jp/hotels/fukuoka/access.php)

参加者数:12名

申し込み方法:松鵜(takara.matsuu@urbanlab.co.jp)までメールで事前にお申し込み下さい。

申し込み締切:2010年10月25日(月)10:00am

参加費:500円(資料代として)

テーマ:
・ビジネスの拠点化に着目した、福岡の魅力、可能性、課題について(特に中小企業の視点から)
・「なぜ福岡でビジネスをするのか?」~福岡の充実した都市機能とビジネスの関係性について~
・福岡の将来像とビジョンの必要性
・福岡で国際的なビジネス展開を促進するための政策的、文化的基盤の必要性 等

IRBCに関する事前学習資料:
下記がIRBC関連資料です。有意義な勉強会とするため、事前にお目通しをお願いします。

・国際地域経済都市会議について
http://asiabiz.city.fukuoka.jp/IRBC2010/aboutirbc/index.html

・「国際知識経済都市会議」会議概要報告書
http://asiabiz.city.fukuoka.jp/IRBC2010/app/files/NewsFile_23_file.pdf
2010/10/14

【ご案内】―国際知識経済都市会議を契機にFUKUOKAの未来を考える研究調査報告会-

国際知識経済都市会議(7月7日~9日)、地域戦略フォーラム(9月1日)に関連して、
11月1日に研究調査チームの報告会が開催されます。

福岡のおかれている現状、他都市/地域の先行する事例、それらから導き出される
今後の課題等を考えるには、よい機会になると思いますので、ぜひ参加下さい。

申し込みは直接、専用URL、E-mail、FAXにてURCにお願いします。

==============================

福岡地域における知識創造と知識経済
―国際知識経済都市会議を契機にFUKUOKAの未来を考える研究調査報告会-

日 時:
平成22年11月1日(月) 15:00~17:00 (開場14:30)

場 所:
福岡市役所本庁舎 15階 講堂(福岡市中央区天神1丁目8-1)

主 催: 国際知識経済都市会議実行委員会・財団法人福岡アジア都市研究所

内 容:
■オープニング  15:00~15:15
主催者からのご挨拶と国際知識経済都市会議の概要説明
■報告  15:15~16:30
「福岡地域における知識創造と知識経済に関する基礎調査」から
・ 国際的な知識経済都市はどのように競争力を高めているのか
・ 人材や資金を取り巻く国際的な地域間競争の中で、福岡のポテンシャルとチャレンジは何か
・ 広域の地域戦略を策定し実行するためには、何が必要か
松田美幸 (学)麻生塾法人本部ディレクター(実行委員会WGサブリーダー兼調査リーダー)
山下永子 (財)福岡アジア都市研究所 研究主査 (実行委員会企画委員WG調査担当)
■意見交換  16:30~17:00

【お申込み】 平成22年10月28日(木)まで
※参加無料、定員200名(先着順)


専用URL、E-mailまたはFAXにて、「11/1都市セミナー聴講希望」と明記のうえ、
参加を希望される方の《氏名(ふりがな》《郵便番号》《住所》《勤務先(※住所が勤務先の場合は所属部署名も記入)》《電話番号》を記入し、下記までお申込みください。

お申込み先:福岡アジア都市研究所 
FAX: 092-733-5680
Email:event@urc.or.jp

※お申込み後、整理券の送付はいたしません。当日は、直接会場へお越しください。

※記載いただいた個人情報は、当セミナーの運営準備、ならびに当セミナーに関連するご案内以外には使用いたしません。
2010/10/14

第2回目の開催報告(TAO Cafe)

10月3日(日)に第2回目となる「学習する福岡|Learning Class Fukuoka」をTAO Cafeさんにて開催いたしました。


16名の参加者ともに、開放的空間にて、下記の事柄に触れながら3時間の時を共有させていただきました。

・自己紹介、未来へのビジョン共有
・「Learning Class Fukuoka|学習する福岡」の枠組みの整理と懸念の共有
(地域戦略フォーラムでの「提言」と勉強会との関係、勉強会企画とパートナーシップ法人の関係、前提やルールの整理と共有)
・IRBC会議(7月)のDVD上映、各種資料を元にIRBCについての概要説明、参加者からの質問抽出
・今後の企画、テーマ設定、進め方に関するディスカッション

20101013 LCF board (1)


「IRBC実行委員会と勉強会の関係」、「9月1日の地域戦略フォーラムの提言と勉強会の関係」、「準備会、パートナーシップ法人と勉強会の関係」について沢山の質問が出ましたので、口頭説明、PPT資料、ディスカッションの中で整理を試みました。

20101013 LCF board

国際知識経済都市会議(7月7日~9日開催)の内容については、2010年9月1日 地域戦略フォーラムで使用した動画を上映したり、勉強会の資料を共有したり、質問をに回答する形で、「さらに学びたいテーマ」を出し合いました。


20101003 LCF (6) 20101003 LCF (10)


次へ>>

■  カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■  プロフィール

learning fukuoka

Author:learning fukuoka
合言葉は「新しい挑戦を共にはじめよう」。
「Learning Class Fukuoka|学習する福岡」は、福岡の未来に関心をもち、学びあう有志による、開かれた勉強会です。

■  最新記事

■  最新コメント

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (1)
勉強会 (9)
雑感 (0)

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。